MENU

ダイヤモンドUVコーティングは新築時のフローリングの美しさをいつまでも守ります!

お客さまをお迎えし、家族がくつろぐリビング。
フローリングはいつもきれいにしておきたいですよね。
でも、食べ物をこぼしたり、物を落としたり汚れやキズがつきやすいもの。そんなときダイヤモンドUVコーティングをかけておけば安心!
フローリングを特殊な樹脂の被膜で覆うことで、汚れやキズからガード。
水拭きなどの簡単なお手入れだけで新築時のフローリングの美しさをキープします。
ワンちゃん・ネコちゃんにも最適
メールでのご相談、お見積り・資料請求は問い合わせフォームへ

ダイヤモンドUVフロアコーティングとは

ダイヤモンドUVコーティングは、光沢があっても滑りにくくて安心です。
また、水拭きによってコーティングが溶けるということがありません
水に濡れると溶けだすワックスと異なり、飲み物などをこぼしてもだいじょうぶ。床は滑りやすくなりません。
お子様や高齢者のいるご家庭でも、安心してご使用いただけます。

ダイヤモンドUVコーティングは、そうじが簡単!水拭きだけで、新築時のままのキレイな床をキープします。
油などの汚れがこびりついたとしても、中性洗剤でサッとひと拭き。油性ペンの落書きだって、除光液などで簡単に落ちます。
もちろん、水や薬品によってコーティングが剥げることはなく、光沢もそのままです。

ダイヤモンドUVコーティングは、熱にも強い!床暖房仕様のフローリングにも、コーティングできます。
また、摩擦や衝撃にも強いので、コーティングは剥がれにくい!ペットがいるご家庭でも安心です。
一般の住宅であれば、一度施工すれば10年以上、美しさをキープします(耐久性は使用状況によって異なります)。

強く美しい。

次世代への技術

ダイヤモンドUVコーティングは、紫外線照射により、約2秒で瞬間硬化させる技術です。環境にやさしい技術で、WAXなどとは異なり剥離剤による環境汚染もありません。

無溶剤UVだから安心

ダイヤモンドUVコーティングのコーティング剤は、溶剤で薄めない無溶剤タイプ。揮発成分がなく、シックハウスの心配もないため、施工中でも低臭かつ安全です。食品工場や飲食店など、安全性・衛生面を重視する環境でも使用されています。

いつまでも美しいフローリングを維持

多数の来客があるデパート・集客施設、椅子や机を多用する会議室や集会場などでも利用されています。シンナーやアルコールなどの溶剤をこぼしてもビクともしません。

確かな安全性

コーティング剤の主要成分に、医療規制が厳しい米国で給水ボトルや医療用体内チューブに使用される光重合開始剤を採用しています。人体内に利用できるほど無毒のため、クリーンで安全な環境を創出できます。

ワックスとの違い

ワックスと違って剥がれにくく、一度かけたらかけ直す必要がない

ワックスの場合

水に溶けやすい性質から床の保護機能が弱く、また定期的にかけ直す必要があります。

フロアコーティングの場合

フロアコーティングなら完璧に床をコートし、何十年と効果が続くので、一度施工すれば二度とかけ直す必要がありません。

ワックスは掛け続ける必要が・・・フロアコーティングなら1回で終了

ワックスの場合

ワックスは一度かけると、次に塗る前に「剥離作業」という床に残ったワックスを完全に除去する作業が必要となります。それを行わずにワックスを重ねてしまうと、黒ずみやベタつきの原因に・・・。 とはいえ剥離作業を一般の人が行うのは難しく、また業者に頼んでも費用がかかります。

フロアコーティングの場合

剥離作業の必要はありません。

優れた安全性

ワックスの場合

床ワックスに含まれる物質が空気中に舞い上がり、アレルギーが発生する事例が多数確認されています。

フロアコーティングの場合

UVコーティングならそうした心配がいっさいないので、小さなお子さまやペットが床を舐めてしまっても安心です。また、UVコーティングには抗菌・防カビ作用が確認されています。

10年単位で考えるとフロアコーティングの方が安い

ワックスの場合

ワックス掛け+剥離作業を専門業者に頼むと、一般的なリビングの広さ15~20畳で10年間行った場合、20万円~40万円とかなりの高額に。

フロアコーティングの場合

UVコーティングなら一度の施工で約6万円~ですが、非常に長持ちして安心してご利用いただけることを考えれば割安です。簡単なお手入れの継続で、もっと長い間、きれいな床を保つことも十分可能です。

お客様からいただいた歓びの声

無溶剤で安心しました!

入居後のマンションに施工しました。小さな子供がいるため、コーティングの材質に気を使いましたが、無溶剤なら安心できるのでお願いしました。施工中もほとんど臭いを感じず、出来た部屋からすぐに使えたのにはびっくりしました。

いつもピカピカな床が自慢です!

新築した家の入居前に全部のフローリングに施工してもらいました。キッチンなどの水まわりもフローリングなので汚れやカビが心配でしたが、コーティングしたからお手入れが楽で助かっています。お客様からも「お家がいつもきれいでスゴイね」と好評です。

よくある質問Q&A

Q&A お客様の疑問にお答えします。

Q1コーティング作業はどれくらいかかりますか?

一般の住宅なら1日で作業は完了します。
UV硬化樹脂は紫外線をあてると数秒で固まるので、一般のワックスがけとは異なり、乾燥に時間がかかりません。作業時間は床の面積にもよりますが、20畳程度であれば6~7時間ですみます。お子さまやご主人がお出かけの日中にコーティング作業は完了しますので、夜にはいつもどおりの生活ができます。

Q2変形した部屋でもコーティングできますか?

熟練作業員の手作業と細部用の機材で対応します。
作業は、熟練のプロフェッショナルが手作業でていねいに行います。紫外線の照射には機械を使いますが、カウンターの下など狭い場所は、ハンディタイプのUV照射器で対応。部屋の隅々までUV硬化樹脂できれいにコーティングします。

Q3ワックスに比べると費用がかかりませんか?

耐久性が高いから塗り直しもなくオトクです。
ダイヤモンドUVフロアーコーティングは、水はもちろん、アルコールやシンナーなどの薬品にも変化しません。一度塗れば、水拭きなどの簡単なお手入れだけで、約10年以上も美しさを保ちます。一方ワックスは水拭きなどにより剥離してしまうので、定期的な塗り直しが必要です。ランニングコストを考えれば、ダイヤモンドUVフロアーコーティングが断然経済的です。

Q4お支払の方法はどうすればいいですか?

一括払いの他に、分割払いも対応しております。
ご安心して、まずはお問い合わせ下さい。

業務用としても使われている信頼のコーティングです

耐久性が高く、メンテナンスが簡単で、水や薬品に強い点が高く評価され、業務用としても大活躍しているダイヤモンドUVコーティング。 フローリングだけでなく、Pタイルやビニル床シートなどにも施工する事ができるため、大勢のお客様を迎えるホテルのロビーやレストラン、 薬品を扱う病院や歯科医院の床に、次々と選ばれています。
また、ワックスには定期的な塗り直しが必要で、そのたびに排出される剥離剤が環境汚染につながると問題になっていました。 でも、ダイヤモンドUVコーティングなら、廃棄物を排出しない点が環境に優しいと大好評です。

PAGE TOP